2018年3月24日 メイクボランティア

20180324メイクボランティア

2018年3月24日 メイクボランティア

2018年3月24日(土)、フィランソロピー・コミッティー主催のメイクボランティア活動を行いました。リハセンターさわやかさんに、逆井、瀬賀、高塚、いつもお手伝いいただいている下出さん、初参加の宮崎、ノッブス裕子、小森の7名で伺いました。(敬称略)
この日は、敷地内の美しい桜にも歓迎されました。

今回のボランティア活動では、その日の午後に開催される3月のお誕生日会の主役の方々を中心に、合計22名の方にメイクをさせていただきました。
「女性は永遠に美しくなることを望む。」
美しい色のアイシャドウ、明るい色味のリップカラーやチークを施すと、鏡を覗く表情が自信を帯び、凛とするのは、必然でしょう。
乳がんで両胸を失くされた方が、メイク後に、ご自身のお顔をご覧になったとき、「今日会いに来る家族に、同じ色のアイシャドウと口紅を買ってきてもらう。もう少し明るい色の洋服を着たい。」とおっしゃってくださいました。
外面の輝きは内面にも大きく影響することを実体験し、大変感激して嬉しさが込み上げました。イメージコンサルタントの仕事の意義を強く感じた活動となりました。

貴重な機会をいただき、心より感謝申し上げます。